rollのまめつぶ


つくる、縫う、デザインroll を主宰しています。こちらは暮らしを楽しむためのアイデア帖です。
カテゴリ:【art&book】触発されよう。( 42 )
我が家のかえるくん。
ホースにつかまる姿に個性が感じられ、背景の花ともあいまってカラー効果も抜群ですね。
そしていつもカメラ目線をありがとうございます。
(人間の体温でやけどするということなので、もう触らないようにいたします!)
b0140603_16205141.jpg


by ro-ll | 2016-09-18 16:27 | 【art&book】触発されよう。
京都近美 ポールスミス展
京都国立近代美術館ポールスミス展。
もうしばらくしたらお向かいの京都市美術館でダリ展も始まりますね。ただ、美術館のハシゴすると後に行った方は適当に見ちゃうんで....ひとつひとつ行くのがおすすめです。

興味を引かれたのは、デザインチームのデスク。私の場合デザイナーそのものに心酔するというよりも、制作の現場そのものが好きなのだ、と改めて思ったのでした。

b0140603_8505038.jpg


b0140603_8505671.jpg


b0140603_8505218.jpg


常設フロアでプチ展示されていた都築響一氏の「着倒れ方丈記」の写真群が意外に面白かったことをつけ加えておきます。
by ro-ll | 2016-06-16 09:05 | 【art&book】触発されよう。
森村泰昌展へ
京都国立近代美術館の友の会に入ると、年間3000円で国立国際美術館も入館できます。
同じく国立国際美術館の友の会に入ると京都国立近代美術館にも入館できます。周辺の美術館の割引の特典がそれぞれにあるので、大阪か京都、どちらをベースに行動されるかで決めるとよいですね。

企画展は各1回限定ですが、両館、常設に至っては何度でもフリーパス。
リセットしたい時、考え事のある時、カフェや公園もよいのですが、現代アート系の美術館がおすすめです。

なにより、常識的な観念からかけ離れているのがいい。
万人に受け入れられる、使いやすい、かわいいとか美しい、売れる、など、日常仕事で重要とされることとは真反対のものが贅沢な空間に巨大な姿で陳列されています。
この作品の価値は?
私の価値とは?
どう進んでいくべきか?

森村泰昌展はまさに「私とは?」を投げかけてくる展覧会でした。
さあ、美術館に出かけようではありませんか...

森村泰昌展
国立国際美術館
6/19まで

b0140603_14153282.jpg

館内は撮影自由。作者のサービス精神のあらわれか...

b0140603_14152653.jpg

これ村山槐多(笑)

b0140603_14153014.jpg

フリーダカーロ。
開運招福バージョン!
by ro-ll | 2016-06-01 14:19 | 【art&book】触発されよう。
素晴らしい美術館、大和文華館
東は原美術館と目黒区美術館、西では大山崎山荘美術館を愛する私が、ここもすっごくおすすめ!と太鼓判を押すのが、ここ、奈良の学園前にある大和文華館(やまとぶんかかん)です。
駅前でありながら閑静な住宅地の中にあり、蛙股池(かえるまたいけ)を望む素晴らしい眺望を持つ、まことに美しい、美術館。古代から近代に至るまでの東洋の美術工芸品を所蔵、展示しています。
なかでもお気に入りは江戸時代の「松浦屏風」と「輪舞屏風」。
キレイでかわいくて、素敵で、モダン!なこの作品。いつも見る度に嬉しくなってしまうのでした。
さらにはお庭も見事で、回遊することが出来、四季折々の花を楽しむことができます。
あじさいのつぼみが沢山出てきていましたので、これからのシーズンが楽しみです!
ちなみに友の会に入会すれば2000円で1年間フリーパスなので超お得ですよ〜。

5/27より、特別企画展「涼を呼ぶ美術」がはじまりますが、
5/31はなんと無料招待デー。ささゆりにちなんで、なんと粋なはからいでしょう。
是非是非お出かけください。
あわせて松柏美術館(しょうはくびじゅつかん)にも行かれるとよいでしょう。

b0140603_1535783.jpg

庭園から望む、蛙股池は、日本書紀にも登場する日本最古のダムと言われているそうです。
奥に見えるのは平城京、春日山、高円山。

大和文華館
奈良市学園南1-11-6
10〜17時(入館は16時まで) 月曜休み

松柏美術館
奈良市登美ケ丘2-1-4
10〜17時(入館は16時まで) 月曜休み
b0140603_14584324.jpg

by ro-ll | 2016-05-20 14:56 | 【art&book】触発されよう。
西村伊作の建築 愉快な家
和歌山県新宮に生まれた西村伊作は今から90年以上も前に
「家族がすごす居間こそが、家のおおもとであらねばならない」
と提唱し、自ら設計していくつかの「愉快な家」を建てました。
そのころの家というのは家長が最も偉く、家の中では客を迎える応接間が重視された時代です。
体裁や見た目でなく、簡素でも趣味のよい、暮らしの主役である家族が楽しく過ごせる家こそが必要であると唱えたのです。つまり、現在のリビングが家の中心にあるというスタイルの先駆者といえます。

さらには子どもたちに自由で創造的な教育を、ということから、東京に文化学院を創設。
絵筆をとり、陶土をこねて服を作り、庭造りに料理に写真まで、芸術と生活を愉しむことを身を以て実践した人なのでした。

「愉快な家」を見ていますと、紀南の明るい風景の中の建物が非常に居心地よさそうなたたずまい。家具も自ら設計していますし、上下水道のない時代に自前で設備を作っていたり、まさに、超ハンドメイドおぢさん。
生活の場としての家はとかく「生活感」の出やすいところですが、その生活を芸術や料理、服作りやものづくりの感性を磨く場所と考えれば、ただの生活感は失せ、素敵なあたたかい雰囲気をつくるのかもしれません。

と思ったら、やはり暮らしに手を入れ工夫をし、自らつくるということはすごく大事なことなんですね。
ハンドメイドおぢさんを見習って生活しなくっちゃ。



愉快な家 西村伊作の建築 (INAX BOOKLET)
by ro-ll | 2016-01-22 10:47 | 【art&book】触発されよう。
子どもと楽しむ行事あそびのえほん
久々に絵本を買いました。
日本の四季折々の行事のおはなしがかわいい絵とともに綴られています。
当たり前のことと思って深く考えていなかった行事が、自然と調和して生活にとけ込んでいることにちょっと感動。

たとえば
お年玉。
亡くなった人のたましいは、山の神となり、豊作や子孫繁栄をもたらす年神さまとして、お正月に子孫のもとをおとずれます。お年玉は、年神さまからたましいをさずかる、「年魂」から来ているそうです。

b0140603_11171893.jpg


オールカラーです。自然あそびやお料理など細かに描き込まれた絵も沢山で素敵で、わくわく...
自分の子どものころのことを思い出してみるのもまた良しです。





子どもと楽しむ行事とあそびのえほん
by ro-ll | 2014-11-25 11:18 | 【art&book】触発されよう。
甲賀のやまほんで望月通陽展。
大好きな作家で、愉しみにしているのが望月通陽さんの展示。
型染めのものなら、比較的手にしやすい価格がついているように思います。
本当に欲しくなって困るのです。

b0140603_21462683.jpg


b0140603_2148432.jpg


この季節、信楽、甲賀を訪れるのもオツなものです。
by ro-ll | 2014-09-14 21:55 | 【art&book】触発されよう。
姫路市美術館/スズキコージ展!
姫路市美術館 スズキコージ展
b0140603_6494270.jpg


8/31までです。
こんな居心地のいい展覧会初めてかもしれない。やっぱり好き、理屈抜きの世界。
美術館界隈の公園エリアもとてもいい。奈良からはちょっと遠かったけど。

b0140603_23552834.jpg

b0140603_6545344.jpg

姫路城。工事中の姿がシュール。

b0140603_23562594.jpg

b0140603_23561859.jpg

b0140603_6502534.jpg

美術館の目の前に姫路市立動物園があります。
入園料大人200円、中学3年生まで30円(!!)近かったら毎週行くのに。
キリンにライオン、カバ、象もいるちゃんとした動物園。
乗りものコーナーがレトロでかわいい。(すべて150円)
空中ブランコ、モノレール、コーヒーカップ、びっくりハウス。
こういう施設は老朽化すると刷新されてしまうので、今のうちに行っておかないといけません。

b0140603_6485262.jpg

おやっっあの方は...
b0140603_2356066.jpg

動物園の白フクロウさま。ご機嫌よろしいようで?
by ro-ll | 2014-08-31 00:11 | 【art&book】触発されよう。
折り紙宇宙 布施知子さんと川村みゆきさん
小物作りを考えるのは、洋裁というよりは折り紙に近いような気がします。
どこから縫いはじめて、どこで折っておいて、どこから返すか。
布は布でも服作りの教科書に載っているようなこととは、また違う場所にいるのです。

b0140603_10305892.jpg

b0140603_10303941.jpg



折り紙作家さんの、特に多面体などをやっている方の本など見ますと、
(多面といってもくす玉だけではありません)
その宇宙的な世界にまず圧倒され、
この方の頭の中はどういう構造になっているのか
パーツを20個も30個もジョイントさせて完成する、
(驚くことに、すべて「手」という差込部分と、それを差し入れるポケット部分があり、正確に作ればのりや接着剤が要らないということです!)
何がどうなってこんなことを思いついているのかと
感心したり首をひねったりするばかりです。

中でもこのおふたりの折り紙作家の女性は以前から気になる存在でした。

布施知子さんは、山の中で暮らしながら、新しい折り方を考えるユニット折り紙の女王。
川村みゆきさんは理学修士の折り紙作家。

夏休みに多面体折り紙に挑戦してみます?
普通の折り紙ではなくて、コシのある厚めのペーパーで作るのがいいと思います。

ユニット折り紙エッセンス・布施知子のユニット集成 立方体、12面体、20面体から星組みまで




箱のおりがみ/布施知子




ひまなし山暮らし/布施知子



↑布施さんがどんな暮らしをされているのか?気になったら...

はじめての多面体おりがみ /川村みゆき



↑とても美しくわかりやすい入門書

多面体の折紙・正多面体・準正多面体およびその双対/川村みゆき



↑素粒子研究のかたわら、多面体ユニット折り紙の本を自費出版したもの。数式が並んで難解な印象ですが、川村さんの控えめな語りの部分がとても美しい。

「ここにあるのは一枚の宇宙
 我々のすべきことは
 ただ
 一本の筋(みち)をみつけることだけ」

「数学は真理と美の両方を兼ね備えているといわれますが、
 そんなものは自分でやってみなければ分からないじゃありませんか」

「さて一体全体これらのものを創作折り紙と呼んでいいものでしょうか?
 正多面体は紀元前から研究されていますし、
 立方体や正八面体などは、人類が出現しようがしまいが、
 地球という惑星があろうがなかろうが、
 結晶構造等の形で自然に存在してたでしょう-------」

(多面体の折紙・正多面体・準正多面体およびその双対/川村みゆき より)

トーヨー タント100カラーペーパ



by ro-ll | 2014-08-18 10:33 | 【art&book】触発されよう。
なんという素敵な本屋さん!
たまたま辿り着いたネット古書店。
私の、10代から現在にいたるまでの好きなことがギュッと詰まった宝箱のようでした。
今から、またゆっくり隅々まで眺めにいきます。

食と暮らしの古本屋 eclipse plus

特集のページも秀逸!知的好奇心をかき立てられます。

いろんなページを開けて進んでいくと、え?!この本があるの?
という驚き、喜び。
今ではネットでレシピも気軽に検索できるようになりましたが、
かつては本をひもとき、食べたことのないお菓子やお料理のレシピを忠実に再現したものですね、
その感覚を思い出しました。

オーナーの方の美意識がいたるところに感じられる書店です。
by ro-ll | 2014-08-09 22:48 | 【art&book】触発されよう。


※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新の記事
ブログお引っ越し
at 2017-02-09 15:16
ボロノイ・チョコマフィン
at 2017-01-06 11:03
おいしい生活
at 2016-12-01 11:14
寝ている寝ている
at 2016-09-30 13:26
植木鉢ねこ
at 2016-09-24 15:34
我が家のかえるくん。
at 2016-09-18 16:27
奈良公園 赤ちゃん鹿公開
at 2016-06-16 09:14
京都近美 ポールスミス展
at 2016-06-16 09:05
いいにおい
at 2016-06-05 06:26
森村泰昌展へ
at 2016-06-01 14:19
カテゴリ
検索
記事ランキング
madamerollの書庫